ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. 北里第一三共ワクチントップページの中の
  2. ワクチンの基礎知識の中の
  3. 病気とワクチンの中の
  4. 麻疹
のページです。

麻疹

1.病気とその症状

麻疹を起こすウイルスは感染力の強い病原体といわれています。世界的にみて麻疹患者は現在でも数千万人をこえて発生しており、特に発展途上国においては毎年100万人以上の死者を出すため非常に恐れられている病気となっています。

麻疹ウイルスは飛沫感染により広がり、3歳までの子供がよくかかります。10~12日の潜伏期間を経て発病すると38℃以上の熱が3~4日間続き、咳、鼻汁、目やにが出ます。熱は一度下がったあと再び39~40℃の高熱となり、同時に身体の中心部から発疹が現れてきます。その頃には頬粘膜の内側にコプリック斑という麻疹特有の粘膜疹が見られるようになります。二度目の発熱から4~5日たつと熱も下がって治りますが、発疹の痕には茶褐色の色素の沈着が残ります。

麻疹にかかりますと気管支肺炎や中耳炎になることがあり、そのうち10人に1人ぐらいは入院が必要とされるほど重症化しています。また麻疹後脳炎(症状としては持続性の発熱、けいれん、意識障害)が約2,000人に1人の割合で起こり、その死亡率は50%にもなりますので非常に危険です。なお、麻疹による死亡の大半が脳炎と肺炎で占められています。その他に、非常にまれではありますが麻疹にかかってから数年後に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という重篤な疾病となる場合もあります。

2.麻しん生ワクチンの効果と副反応

麻疹は多くの場合軽症で治りますが、肺炎や脳炎を起こしますと致命率が高くなる危険な病気です。また、特別な対症療法もありませんのでワクチン接種により予防することが重要です。麻しんワクチンは高度に弱毒化された生ウイルスワクチンで平成18年4月より麻疹と風疹の予防対策を強める為に、2回接種が導入されております。(通常はMRワクチンが使用されます。)

副反応としては10人に1~2人程度に軽い発熱、発疹が出ることがあります。通常38℃ぐらいの発熱があり、3日以内に軽快しますが、まれに熱性けいれんを起こすこともあります。麻疹特有の強い発疹が出ることもありますが、それはワクチンウイルスによるものではなく、野生株ウイルスの感染であると報告されています。

尚、麻しんワクチンと風しんワクチンを混合したMRワクチンは、MRワクチンのQ&Aをご参照ください。

3.自然感染の合併症と麻しん生ワクチンの副反応

麻しん生ワクチンの接種で報告されている副反応の頻度と自然感染の合併症の頻度を比較したものが下表です。

  自然感染 麻しん生ワクチン接種後
発熱 ほぼ100% 10~20%(5~7日頃)
発疹 ほぼ100% 5~10%(7~10日頃)
脳炎 1/1,000~2,000 2例
SSPE 8.5/100万 -
その他 中耳炎 7~9%
肺炎 1~6%
血小板減少症 5例(※1)
VAHS(ウイルス関連血球貧食症候群) 2例
急性片麻痺 1例(※2)
Toxic Shock Syndrome 1例

出庫数440万dose(1994年~2008年)
・Vaccines Third Edition Measles Vaccine pp222-266 1999より
・北里研究所所内データ

  • ※1 RT-PCRの結果2例に麻しんウイルス野生株遺伝子が検出された
  • ※2 もやもや病

4.ワクチンの製造方法

このワクチンは、弱毒生麻しんウイルス(AIK-C株)を特定の伝染性の疾患に感染していないニワトリ胚初代培養細胞で増殖させ、得たウイルス液を精製し、安定剤を加えワクチン瓶に小分け分注した後、凍結乾燥した生ワクチンです。

5.対象年齢及び用法・用量

第1期の予防接種 : 生後12月~生後24月
第2期の予防接種 : 5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間(4/1~3/31)の間
第3期の予防接種 : 13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
第4期の予防接種 : 18歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
*第3期、第,4期は平成20年から5年間の措置 
添付の溶剤にて溶解し、その0.5mLを1回皮下に注射します。

6.Q&A

ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。