ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. 北里第一三共ワクチントップページの中の
  2. ワクチンの基礎知識の中の
  3. Q&A集
のページです。

Q&A集 ワクチンに関するQ&Aをご紹介します。

ワクチンの種類別のQ&A

その他のQ&A

1.なぜ予防接種は必要なのでしょうか?
お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、赤ちゃんが成長するに従い自然に失われていきます。その為、赤ちゃんは自分自身で免疫を作って怖い感染症を予防する必要があります。その助けになるのが、予防接種です。

罹患率も高く現在の医療環境でさえまれに死亡する場合もある感染症(百日咳、麻疹など)は、予防接種を止めてしまうと必ず流行する恐ろしい感染症です。世界中から感染症がなくなるまで予防接種は是非続けて下さい(痘そうは予防接種により地球上から消えた感染症の第一号です)。
2.予防接種とはなんでしょうか?
一言でいうと感染症の原因となるウイルスや細菌からワクチンを作り、これを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)を作ることです。詳しくは“予防接種に関するQ&A”を参照してください。
3.生ワクチンと不活化ワクチンの違いを教えてください
生ワクチンは、病原性を弱めたウイルスや細菌等を接種して感染を起こさせ、抵抗力(免疫)を作らせるワクチンです。接種後に得られる免疫は強く、通常1回の接種により感染を防ぐための免疫を得ることができますが、感染症自体が減少した国では麻疹と風疹のように2回接種する必要が出てきました。

不活化ワクチンは、ウイルスや細菌等の病原性を消失又は無毒化したものを抗原(ワクチン)として接種します。生ワクチンに比べて安全性は高いのですが、十分な免疫を得るためには数回接種する必要があります。
4.トキソイドとは何ですか?
病原体が増殖する過程で産出する毒素のことをトキシンといいますが、このトキシンの免疫を作らせる能力は失わせずに無毒化し抗原として利用したものがトキソイドです。
5.ワクチンと抗毒素は違いますか?
ワクチンは、免疫力を獲得し感染症から守る手段として使われています(予防薬)。抗毒素は、細菌毒素やヘビ毒などの毒作用を中和するもので、その疾患に罹患した時に治療の為に使用されるものです(治療薬)。
6.定期予防接種と勧奨接種の違いはなんですか?
意味は少し違いますが、どちらも同じことを指しています。予防接種に関する法律や省令などでは、‘定期予防接種’や‘定期の予防接種’とされ、法律で定められた年齢枠で受ける場合の予防接種のことをいいます。また、予防接種を、「受けなければならない」という義務ではなく、「予防接種を受けるよう務めなければならない。」とされています。これを接種の勧奨とされているところから、勧奨接種ともいわれるようになりました。
7.生ワクチン接種の順序はどうしたらよいでしょうか?
生ワクチンにはBCG、ポリオ、麻疹、風疹、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)、おたふくかぜ、水痘等があります。接種の順序が問題になるのは麻疹・風疹の次からで、地域の流行によって順序を考える必要があります。通常は勧奨接種ワクチンのBCG、ポリオ、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)の接種を受け、任意接種ワクチンのおたふくかぜ、水痘ワクチンは、疾患の重要性、流行状況やワクチンの副反応の説明を充分に受けてから順序を決めるのがよいと思われます。おたふくかぜに罹りますと無菌性髄膜炎、精巣炎(睾丸炎)、難聴などを併発しますが、おたふくかぜワクチンの副反応として起こる同様な症状の頻度は自然感染による場合と比較しますとはるかに低いのでワクチン接種による早目の予防が適切と考えられます。これに比べて水痘はおたふくかぜよりも合併症の症状が軽く、水痘ワクチンを接種しても5人に1人は水痘に罹患するともいわれています。

このようなことから通常はBCG、ポリオ、MRワクチン(麻疹ワクチン、風疹ワクチン)、おたふくかぜ、水痘の順に接種を行うのがよいと考えられます。
8.生ワクチンはどれぐらいの間隔をあけて接種したらよいでしょうか?
生ウイルスワクチン(麻疹、風疹ワクチンなど)はワクチンウイルスが体の中で野生ウイルスと同じように増殖し、免疫反応により液性および細胞性免疫を獲得させるものです。生ウイルスワクチンを接種してからウイルスが体の中で増殖するのに5~10日かかります。

生ウイルスワクチンを接種した際のリンパ球サブセットの解析やサイトカイン産生の研究などから生ワクチン接種による体への影響は3週間ぐらい続き、それ以降は接種前の状態に回復することが明らかとなりました。従って、生ウイルスワクチンの接種間隔は安全な幅をみて27日間あければ次の予防接種は可能です。ただし、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、ワクチン毎に定められた接種間隔を守ってください。
9.不活化ワクチンを接種した後の予防接種の間隔はどうしたらよいでしょうか?
不活化ワクチンはワクチン成分に対する反応ですので、一般的には副反応が出現するのは接種後24時間以内と考えられます。従って、6日間以上間隔があいていれば次の接種が可能です。しかし、理想的な免疫効果や安全性を考えますと2~3週間あける方が望ましいともいわれています。ただし、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、ワクチン毎に定められた接種間隔を守ってください。
10.予防接種後注意することを教えてください
予防接種を受けたあと通常30分間は、急な副反応が起きることがありますので接種会場で様子を観察するか、先生とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。また接種後生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しておきましょう。 発熱や発疹などの体調の変化に気付いたら、すぐに接種した病院に連絡してください。熱などがなければ、入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすらないようにしましょう。

接種当日はいつも通りの生活をしても構いません。但し、はげしい運動(水泳、マラソンなど)は避けましょう。
11.接種不適当者と接種要注意者の違いについて教えてください
接種不適当者とは、「予防接種を受けることが適当でない者」を指し、予防接種を行うことはできません。

接種を受けることが適当でない者(接種不適当者)は以下のとおりです。
  1. 明らかな発熱を呈している者
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  3. 当該疾患に係る予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことが明らかな者
  4. 麻疹・風疹・おたふく等の生ワクチンに係る予防接種の対象者にあっては、明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する者及び免疫をきたす治療を受けている者
  5. 麻疹・風疹・おたふく等の生ワクチンに係る予防接種の対象者にあっては、妊娠していることが明らかな者
  6. 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

接種要注意者は、「接種の判断を行うに際し、注意を要する者」とされています。健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種することとなっています。

接種の判断を行うに際し、注意を要する者(接種要注意者)は以下のとおりです。

  1. 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等の基礎疾患を有する者
  2. 予防接種で2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  3. 過去にけいれんの既往がある者
  4. 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  5. 接種しようとする接種液の成分に対して、アレルギーを呈するおそれのある者
12.1回目の接種で発熱しました。追加の接種はどうしたらよいでしょうか?
前回の接種で発熱などの症状が見られた場合では、追加接種後に再度同様な症状が現れることがあるため、このような方への接種には注意が必要です。軽度の発熱であった場合には、追加接種を行うことができますが、高熱の場合には、接種対象者の年齢、疾病の流行状況等も含め慎重に判断した方がよいでしょう。

なお、定期のインフルエンザ予防接種(60歳以上65歳未満の人であって、一定の心臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害を有する人。)では、接種後2日以内に発熱のみられた方及び全身性発疹等のアレルギーを疑う病状を呈したことがある方は、接種不適当者です。
13.「明らかに発熱を呈している者」について、具体的に教えて下さい
明らかな発熱とは、通常37.5℃以上をさします。発熱はいろいろな疾患の前駆症状である場合がありますので、このような場合には、予防接種を中止する必要があります。

また検温は、接種を行う医療機関(施設)で行い、接種前の健康状態を把握することが必要です。
14.重篤な急性疾患にかかっている場合は、接種が可能でしょうか?
重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者は、接種不適当者ですので接種することはできません。重篤な急性疾患に罹患している場合には、病気の進展状況が不明であり、このような状態において予防接種を行うことは適当ではありません。ただし、急性疾患であっても、軽症と判断できる場合には、回復後接種を行うことができます。
15.アレルギー体質、アトピー性皮膚炎の方への接種は可能でしょうか?
当該疾病に係わる予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことが明らかな者は接種不適当者です。

DPTワクチン、DTトキソイド、ポリオワクチン、日本脳炎ワクチン等、繰り返し接種を予定している予防接種では、アナフィラキシーを呈した場合には、以後の同じワクチンの接種を行いません。また、卵、カナマイシン、エリスロマイシン等でアナフィラキシーショックを起こした既往歴のある者は、これを含有するワクチンの接種は行わないことが規定されております(ワクチン添付文書参照)。

この規定は、予防接種の成分によりアナフィラキシーを呈した場合には、接種を行ってはならないことを規定したものです。接種しようとする接種液の成分に対して、アレルギーを呈するおそれのある者は接種要注意者です。アトピー性皮膚炎、喘息があるだけの場合は、気管支炎や卵アレルギーなどの有無に配慮した上で可否の判断を慎重に行えば、接種することができます。
16.けいれん既往者への予防接種について教えてください
過去にけいれんの既往のある場合は接種要注意者です。

乳幼児期のけいれんは、多くは良性の熱性けいれんですが、一部においては、てんかんへの移行、ごくまれに脳変性代謝疾患、脳血管疾患等の始まりであることがあります。また、乳幼児期では発達の評価が困難な例もあり、このような症例に予防接種をすると、接種前から存在した「かくれた発達の遅れ」であるのか「予防接種に関連する発達の遅れ」であるのかを区別することは難しく、予防接種の副反応としてとらえられてしまうおそれがあります。

しかし、けいれん発生後、どの程度期間をとれば良性のけいれんか又は神経学的な基礎疾患があるのか、その本態を予診段階で100%解明することは現実的には不可能です。特にけいれんを起こしたことのある人には、けいれんの症状を詳しく聞いたり、脳波の検査を行うなど十分な注意が必要とされていますので充分担当の医師と相談してください。
17.感染症に罹った時の予防接種はどうしたらよいでしょうか?
子供がよく罹る疾病は多種多様ですが、その多くはウイルス感染症で、細菌性感染症がそれに続きます。ウイルス感染症の中でウイルス血症を起こしたり、リンパ球に感染して全身の臓器に感染を広げる疾病(麻疹、風疹、おたふくかぜ、水痘など)に罹患したときには、4週間経過してから予防接種を受けた方がよいと思います。特に麻疹に罹患した場合には一過性のツベルクリンアネルギーや免疫抑制を生ずることが報告されており、その後、免疫機能の回復には3週間を要しますので、罹患してから4週間は予防接種を受けない方がよいでしょう。

一方いわゆるかぜ症候群は一般に症状が軽度で、合併症も重症になることはまれです。さらに子供の場合はかぜ等が治ってから大きく間隔をあけると、次の感染症に罹患してしまうことが多いと思います。手足口病、伝染性紅班、突発性発疹、かぜ等のウイルス性疾患に罹患した時は、治療後1~2週間後が目安となりますが、様々な要素を考慮し、2週間程度を経て接種するのが現実的といえるでしょう。
18.接種を受けそこなった場合どうすればよいでしょうか?
ワクチンを受けなかったり、自然感染を経験しないままでいますと、感受性者のままでいることになります。大人になって感染し発病しますと、通常症状が重く入院するようなことになりますので、ワクチン接種を忘れていることに気がついた時点で接種をすることが必要です。

定期接種の場合、対象年齢の範囲内であれば基礎免疫を早くすませ、年齢を越えている場合には、その他の必要な予防接種を含めて任意の予防接種を受けるようにすることが大切です。
19.妊娠中及び出産直後の予防接種はどのようにすればよいでしょうか?
妊娠していることが明らかな者は接種不適当者です。

一般に生ワクチンは胎児への影響を考慮して、全妊娠期間を通じて接種は行いません。特にMRワクチンと風疹ワクチンは絶対に妊娠していない時を選んで接種し、接種後2ヶ月は避妊が必要です。但し、MRワクチンでは接種を受けた者から周囲の感受性者にワクチンウイルスが感染することはないと考えられますので、妊婦のいる家庭の小児に接種しても心配はありません。

なお、不活化ワクチン、トキソイドの接種が胎児に影響を与えることは考えられていないので、これらは接種不適当者の範囲には含まれておりません。

出産後の女性への予防接種は、常識的には分娩後ほぼ体力が正常に回復した3ヶ月以降はいつでも接種して差し支えないものといえますが、その健康状態につきましては産科医の意見を聞かれることも必要かと思われます。
20.授乳中の母親ですが、ワクチンを接種しても構いませんか?
授乳を中止する必要はないと考えられております。これは授乳中の女性への予防接種で、生ワクチン、特に風疹ワクチンの接種によって、ワクチンウイルスが乳汁中に分泌され、その母乳を飲んでいる乳児の風疹抗体が一時的に陽性化することが報告されていますが、そのお子さんは無症状でしばらくすると抗体も陰性となります。またその授乳を受けたお子さんが、風疹ワクチンを接種しても影響がないことも確認されております。
21.海外渡航時の予防接種はどのようにすべきでしょうか?
海外生活で必要な予防接種は渡航者本人だけの場合は破傷風・B型肝炎・狂犬病・日本脳炎・ポリオ・A型肝炎など。家族同伴の場合で子供に必要な予防接種はBCG・DPT・ポリオ・麻疹・おたふくかぜ・風疹・水痘・B型肝炎・日本脳炎・狂犬病・A型肝炎などが考えられます。

また、海外渡航まで日程があまりない場合は、医師が必要と認めたら同時に接種できます。即ち、「2種類以上の予防接種を同時に同一対象者に対して行う同時接種は、医師が必要と認めた場合に限り行うことができる(予防接種実施要領第1.17.(2))」とされています。

なお、

厚生労働省検疫所のホームページ
海外渡航者のための感染症情報:  http://www.forth.go.jp/
母子保健・家庭保健教育普及グループ:  http://www.mcfh.or.jp/

では、次のような情報が入手できます。
  • 海外旅行前、旅行中、旅行後の注意
  • 海外の感染症発生状況
  • 黄熱予防接種要求国
  • 個々の感染症予防接種に関する情報
  • 代表的な予防接種実施医療機関
  • 子どものための予防接種-各国の状況-
22.接種後健康被害が発生した時はどうしたらよいでしょうか?
定期の予防接種の場合は予防接種法または結核予防法で、発生した健康被害の救済が行われることになっています。具体的には接種した市町村から当該都道府県を経由して、厚生労働省へ認定手続きをすることになりますので、居住地(現住所のあるところ)の市町村予防接種担当課へ健康被害認定を希望する旨申請ください。

定期接種以外の予防接種(任意接種)で健康被害が生じた場合は、「独立行政法人 医薬品医療機器総合機構法」による救済制度が利用でき、該当者が請求することになります。問い合わせ先は下記のとおりです。
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル6階西側
0120-149-931(フリーダイヤル)
受付時間 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時30分
http://www.pmda.go.jp/contact.html
23.国有ワクチンとは何でしょうか?
わが国におけるワクチン類はそのほとんどが予防接種法に基づいて接種が行われており、そのためのワクチン類の所要量が確保され供給されております。

わが国では、国内において発生はするが、症例数が比較的少なく、需要量が限られている疾病に対するワクチン類については、緊急時の供給を確保する観点から国で購入し、国有ワクチンとして備蓄されています。2009年(平成21年)4月現在、国が備蓄しているワクチン類は、以下のとおりです。
  • 乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン
  • 乾燥ガスえそウマ抗毒素
  • 乾燥E型ボツリヌスウマ抗毒素
  • 乾燥A・B・E・F型(多価)ボツリヌスウマ抗毒素
  • 乾燥ジフテリアウマ抗毒素

国が備蓄している上記ワクチン類の供給は「医療機関」から「都道府県」への供給依頼により出荷されており、緊急時には直接、保管場所もしくは厚生労働省(医薬食品局血液対策課 電話:03-3595-2395、FAX:03-3507-9064)に申請することもできます。
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。